小さな会社の事業拡大に貢献する

COME ALIVE

はじめに

多くの小さな会社は、想いの詰まった商品やサービスを創りだすことができます。

だけれども、資本力のある大きな会社に正面からぶつかっては勝てません。

小さな会社には、小さな会社なりの戦略が必要です。


弊社は、様々な分野の専門家とのコネクションがあるのが大きな特徴です。

小さな会社が事業を拡大するためのあらゆる問題解決をすることができますが、

特に、販売力を強化するサポートに強みを持っています。


現在弊社では、素晴らしい価値ある商品やサービスを創りだすあなたのために、

マーケティング(販売を強化するための施策)に関する無料のプランニングをしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※業種・業態、規模、現在行っている販売方法、予算等に応じた最適なマーケティングプランを無料でご提案いたします。

弊社のマーケティングプラン
を採用した会社の一例

  • ITベンチャーの自社サービスに問い合わせが殺到し、売り上げが前年比の3倍に。
  • 零細町工場が起死回生の策として開発した自社製品に注文が殺到。売上が1億円以上増加。
  • 工務店の社長さんがメディアに取り上げられ、注文が殺到し、1ヶ月間で2100万円の売り上げ
  • 1玉3,700円の高級メロンが半年で3,000個完売。
  • ITベンチャーの自社サービスに問い合わせが殺到し、売り上げが前年比の3倍に。
※業種・業態、規模、現在行っている販売方法、予算等に応じた最適なマーケティングプランを無料でご提案いたします。

小さな会社の事業拡大のための
弊社のご支援の事例

販売力強化サポート

資金調達支援

組織作りサポート

人材採用、育成サポート

業務効率化コンサルティング

販売システム導入支援

新規事業の立ち上げ、事業転換支援

代表挨拶

弊社COME ALIVEは、人に良い影響を与える価値あるものを創りだす会社や個人起業家を支援していきながら、

人を大切にするいい会社を増やすことを目的に創設されました。


その先にある未来は、一人一人が真価を発揮できるイキイキとした社会です。



わたしが大学卒業後に最初に入った会社で見たものは、人を人と思わないような社員の扱い方でした。


そのような経験から

「どうしたら一人一人がイキイキと働き、暮らしていくことができる環境をつくりだせるのか?」


というテーマで研究を始めましたが、様々な学びや経験、出会いを通じて、


人に良い影響を与えるモノや人を増やしていくことで理想的な社会を実現できる
という結論に至りました。


また、たくさんの経営者との出会いから、

社員の皆様の幸福を願っていない人は、ほとんどいないことが分かりました。



しかし、どのようにすれば目的・目標に向かって会社全体が一丸となって、


経営者も含めた社員の皆様が豊かになることができるのか、具体的に分からずに
苦悩している経営者が多いことも分かりました。


そのような経緯から、弊社は経営者の悩みや問題を総合的に解決していくサービスを提供していくことにしました。


ビジネス(会社)が恒久的に成長・発展していくためには

経営者や社員のみならず、お取引先や顧客、あるいは資金提供者を含めたみんながワクワクするような会社にする必要があります。


みんながワクワクする会社には「VIPPS」があります。


V=ビジョン
I=適切な指標(index)
P=価値ある商品・サービス(product)
P=社員が仕事に誇りをもっっていること(pride in my role)
S=成果の出る仕組み(system)


弊社は小さな会社がVIPPSを整えて
「みんながワクワクする会社」に成長していくための総合的な支援の会社です。


あなたの会社の発展を通じて、社会全体を明るくしていくこと。


それがわたしたちCOME ALIVEの願いであり、ミッションです。



人と会社が持っている可能性を信じ、その可能性と価値を引き出し、

その価値を最大限に発揮していただけるように支援をすることで社会に貢献し続ける会社、それが弊社COME ALIVEです。

会社概要

COME ALIVE
屋号 COME ALIVE(カムアライブ)
所在地 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目22−3
BP ビル ANNEX
連絡先 TEL 03−6260−9726
FAX 03−6700−8608
Mail info@c-alive.com
代表者 鈴木 健司
副代表 小舟 美穂
設立 2014年 9月
事業内容 ・組織変革コンサルティング
・社員研修
・集客コンサルティング
・パワーアップアイテムの販売
設立 2014年 9月
COME ALIVE(カムアライブ)へのお問い合わせ、取材などはこちらのボタンからお願いいたします。